乳酸菌といえば…ヨーグルト

 

乳酸菌を含む食品といえば、やはりヨーグルトですね。発酵の段階で乳酸菌を使っています。ヨーグルトは別名ではっ酵乳というのですが、これは乳を乳酸菌によって発酵させて、液状もしくは糊状、凍結したもの、というように定められています。

 

最近増えている乳酸菌飲料

ヨーグルト

ヨーグルトは毎日食べ続けるのが大変という理由から、もっと手軽に摂取する方法として普及してきたのが、乳酸菌飲料ですね。はっ酵乳に対して、糖分や香料などを加えています。生きた菌が含まれるものを生菌タイプの乳酸菌飲料、生きた菌が含まれていないものを殺菌タイプの乳酸菌飲料となります。

 

ただしどれぐらい乳酸菌が入っているかによって、乳製品乳酸菌飲料に分類されるか、乳酸菌飲料に分類されるかが変わります。乳製品乳酸菌飲料は1mlあたりで1000万個以上なのですが、乳酸菌飲料は1mlで100万個以上となり、基準がそれぞれ異なります。

 

実は乳酸菌がたっぷり?漬物

 

日本ではなじみが深い漬物ですが、実は乳酸菌が含まれているって知っていますか?多くの人は、乳酸菌は乳製品に含まれているものというイメージを持っているはずです。しかし、漬物にもたくさん乳酸菌が含まれます。どうしてかというと、漬物は発酵させているからです。

 

食品は飽きないようにバランスよく食べよう

 

乳酸菌を摂取するために食事を考える際は、乳酸菌を含む食品をバランスよく食べましょう。毎日ヨーグルトを食べると決めても、毎日同じ味を食べ続けるのって意外と大変です。たくさん食の選択肢がある今だからこそ、余計に辛いのではないでしょうか。飽きてしまえば食べるのが嫌になり、乳酸菌が不足してしまいます。今回は代表的な乳酸菌を含む食品をご紹介しましたが、まだまだたくさんあります。色々な食品を飽きないように、バランスよく食べることをおすすめします。食品だとどうしても飽きが来るということであれば、サプリメントなどで無理なく摂取できる方法への切り替えもおすすめです。