2種類に分けられる乳酸菌

みそ

乳酸菌は2種類に分けることができます。まず一つ目が、動物性乳酸菌です。動物性乳酸菌を多く含むものといえば、乳製品です。多くの人が乳酸菌として認識しているものは動物性乳酸菌のほうではないでしょうか。ヨーグルトを始めとして、チーズなどにも含まれます。次に二つ目が、植物性乳酸菌です。乳酸菌に植物性なんてあるの?と思うかもしれませんが、ちゃんと植物性もあります。あまり聞いたことがない…と思っても、実はとても身近な存在です。どうしてかというと、味噌や醤油など、日本人にとっては欠かせない超魅力を作るときに使われているからです。味噌や醤油は発酵させて作りますよね。発酵をさせるときに、実は乳酸菌が働いています。うま味を出すために欠かせない存在なので、植物性乳酸菌にはとてもお世話になっているでしょう。いつも使うのに知らない存在…それが植物性乳酸菌です。

 

動物性と植物性、それぞれの性質は?

 

では次は、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌、それぞれの性質です。どちらも同じ乳酸菌なら、同じ働きをすると考えるかもしれません。確かに乳酸菌はそれほど働きが変わるわけではないのですが、最大の違いは性質ですね。動物性と植物性、どちらの乳酸菌が腸まで届いてくれると思いますか?動物性乳酸菌の方がメジャーなので、動物性の方が届きやすいと考えるかもしれませんが、食品の場合は植物性の方が届きやすいと言われています。

 

乳酸菌は生きたまま腸に届けることが大事といわれているので、そう考えると植物性の乳酸菌の方が役立ってくれるような気がしますね。

 

でも、動物性乳酸菌にもちゃんと意味があります。動物性乳酸菌は、死滅してしまうことが多いのですが、それでも腸まで到達します。胃酸で死滅したものだとしても、悪玉菌を排出するときに役立つので、摂取することに意味があります。

 

大きくわけて2種類ある、ということを知らなかった人も多いと思いますが、ちゃんとそれぞれの特徴や性質を知って使い分けられるといいですね。乳酸菌はサプリメントなら、毎日摂取しやすくておすすめです。