便秘解消で不調リセット

便秘解消

乳酸菌の健康効果として一番なのは、便秘解消です。便秘の解消は美容効果にもなりますが、そもそも便秘が続くと健康にも悪い影響を与えてしまいます。それはどうしてかというと、腸が正常に働けなくなってしまうからです。

 

便秘になると、腸内では悪玉菌が頑張りすぎている状態です。悪さをするのが悪玉菌の役目なので、悪い方向へと働きかけて腸の状態を悪くしています。便秘になっているときの腸はアルカリ性です。アルカリ性になった腸は、動きが鈍くなって排出をする力が弱まります。本来なら排出しなくてはいけない老廃物や毒素が蓄積してしまう…という状態なのですが、そう考えると怖いですよね。

 

老廃物や毒素は腸内に残ったままだとどんどん腐っていきます。さらに悪い成分になってしまい、それによって腸がもっと悪くなる、という悪循環が続いてしまうでしょう。

 

乳酸菌は善玉菌を増やしていい方向に働く腸へと変わっていくので、アルカリ性から酸性になり、腸の動きもスムーズになれば便秘解消に繋がっていくでしょう。腸は栄養を吸収するための大事な器官でもあり、排出をするために働く器官でもあります。人間の代謝リズムの中心となっているので、腸を健康に保つことが全身の健康に繋がります。

 

免疫力を高めて強くなる

 

人間は毎日ウイルスや細菌などにさらされています。それでも健康にいられるのは、外部から入ってくる悪いものに対して、免疫細胞が働いてやっつけてくれているからです。でも免疫細胞がしっかりと働いてくれないと、悪いものが身体に侵入してきて悪さをします。実は免疫細胞の7割近くが腸内に滞在しているといわれています。省庁にある絨毛に突起が生えているのですが、その隙間には異物を感知するためのセンサーがあるので、そのセンサーがしっかりと働けるようにしておきましょう。腸を元気にすることが免疫力を最大限に高める大事なポイントです。

 

免疫力が高くなると風邪をひきにくくなりますし、がんの予防などにも役立ってくれます。免疫力の活性化によって、インフルエンザ予防などにも効果が期待できるでしょう。毎日健康で過ごすために、免疫力を高めたいですね。