乳酸菌の効果は人それぞれ

 

乳酸菌に期待する効果が現れ始めるのはどれぐらいかというと、人それぞれです。それでは答えになっていないと言われてしまうかもしれませんが…例えば便秘解消に役立てたいと思って飲み始めても、ある人は1週間で変化を感じた、ある人は1ヶ月で感じた、ある人は3ヶ月経っても感じない…ということはあります。これはどうしてかというと、身体の状態にもよりますし、自分に合っていない乳酸菌を選んでいる可能性があるからです。人によって向いている乳酸菌と向いていない乳酸菌があるので、同じ乳酸菌を同じ期間だけ摂取したとしても、その効果は人によって違う、ということになります。

 

基本は3ヶ月

 

すぐに効果が出る人もいますが、ある程度は長く続けてみましょう。効果が出なくても3ヶ月ぐらいは続けてみてください。それよりも短くて効果が出ればいいですが、もしも3ヶ月経っても何も変化が感じられない場合は、先ほどお話ししたように、乳酸菌が合っていない可能性があります。違う乳酸菌への切り替えをおすすめします。

 

副作用があれば中止しよう

 

3ヶ月続けてみるべきとお話ししましたが、これは何もない状態です。もしも飲み始めてから反対に不調を感じるというのであれば、すぐに中止しましょう。不調を感じながら続ける意味はありません。これも乳酸菌が合っていない可能性があります。お腹の不調を始めとして、何か異変があったら医師に相談すると安心です。

 

長く付き合っていこう

 

乳酸菌は効果が出たからといって、そこで辞めてしまうと効果が失われてしまいます。体質改善のためにも、そして効果を継続させるためにも、ちゃんと毎日続けることが基本となっています。そのため、食品で続けるのはなかなか難しい…と感じるでしょう。その場合は乳酸菌サプリで気軽に毎日摂取できる方法を考えてみてくださいね。最近は種類も豊富で乳酸菌サプリメントも選びやすくなっています。サプリというと抵抗を感じるかもしれませんが、薬ではなく食品ですし、メーカーも研究を重ねて質の良いサプリメントがほとんどです。