乳酸菌を飲む時間帯

 

乳酸菌は朝飲む方がいいのか、夜飲む方がいいのか…これは実はどちらでもいい、と言われています。乳酸菌を毎日摂取している人の多くは朝飲んでいるので、朝飲む方がいいような気がするのですが…大差がないそうです。乳酸菌の効果に大差はないのですが、飲むタイミングとして朝の方が飲みやすいのは確かですね。夜は食事をしてお腹もいっぱいになっていますし、その後に乳酸菌の食品を摂取するのは大変ですよね。乳酸菌飲料などもあまり欲しくないと感じてしまうかもしれません。

 

サプリメントなら夜でもいいかもしれませんが、朝起きて朝食後に飲む、という方が毎日飲むリズムはつけやすいのかなと思います。それほど時間帯にこだわる必要はないので、自分が飲みやすい時間帯を見つけてください。

 

乳酸菌と食事

 

乳酸菌を飲むタイミングとしてもう一つ考えなくてはいけないのが、食事との関係です。食前がいいのか、食間がいいのか、食後がいいのかということです。これも実際のところ飲みやすいタイミングでいいのですが、できれば食後が良い、と言われています。それはどうしてかというと、食後は胃酸が弱まっているからです。乳酸菌は胃酸に弱いことがわかっているため、できるだけ胃酸が出ていない時間帯の方が吸収されやすいからです。食後は消化活動が盛んで胃酸はたくさん分泌されていますが、濃度は弱まっています。そのタイミングで乳酸菌を摂取しておけば、腸まで届きやすくなるでしょう。

 

食後が難しければ食間でもいいと思います。お腹は落ち着いている時期です。食前だと、胃が空腹な状態になっているので、乳酸菌の食品やサプリメントを飲んだときに、やっと食事がきた!と待ち構えている可能性があるからです。

 

ちゃんと毎日飲もう

 

乳酸菌を摂取するタイミングを考えると同時に、ちゃんと毎日摂取できるかどうかも考えてみてください。食品で毎日続けるのは難しそうと思う人は、最初からサプリメントでという方法もおすすめです。サプリメントなら持ち歩きもできますし、錠剤のようなものやカプセルのものを飲むだけなので、とっても手軽で誰でも続けやすい方法です。また吸収しやすくなっているので、より効率よく乳酸菌が腸まで届いてくれます。